kmjm_P1300225.jpg
logo_kume.png
kmjm_P1300306.jpg

​漁師について

渡名喜 盛⼆(となき せいじ)さん。

昭和21年⽣まれ、御年73歳。

漁師歴は40年、まだまだ現役です。

27歳で結婚、33歳で久⽶島にきました。

​こだわり

モズク養殖を始めたのは、平成元年。

最初の2年は、沖縄県の⽔産試験場の指導を受けました。

とにかく、基本を守ること。

いまでも当時と変わらない⽅法で、モズクを育てています。

kmjm_P1300177.jpg
kmjm_P1290984.jpg

​モズクについて

港から15分ほど、船で沖に向かいます。

透き通った海の底は、モズクの漁場。

冷たく綺麗な海で、モズクは育ちます。

とてもデリケートな海藻です。

​食べ方

アイゴ(⿂)の燻製をほぐし、味噌、酢、モズクと和える。

アイゴの代わりに、カツオのなまり節、ツナもよし。

昔からの、家庭の味。

定番メニューだそうです。

kmjm_P1300255.jpg
久米島漁協について

住所

〒901-3105 沖縄県島尻郡久米島町字宇根402

電話

​098-985-8216

kmjm_P1290984.jpg
​生モズクマラソンを始める